人気ブログランキング |

履歴書に志望動機を記述する時になんて記述したらいいか書き方に苦しむ人が少なくないとおもう。

ここでちょっと志望動機の組み立て方と云うか書き方をご案内してみたいとおもうので参照事項としてみてはどうだろうか。


まず志望する会社の事業内容を書き連ねてそれに対して感銘を受けた等と記述されても、事業内容等は言われなくても会社側には把握出きている事だしあまりいい志望動機の内容だとはおもえない。


志望動機と云うのは、事業内容を踏まえた上で自身には何が出きるかと云うのをアピールするように記述するものだとおもう。


具体的に記述するならば、自身にはこういう経験、こういう知識、こういう能力がありそれを志望会社のこういった事業に活かす事が出きるとおもう。


と云うように具体的なエピソードを交えながらこれがいかに会社に役立てられるかをアピールしたり、採用されたら会社にとってどのような利益があるかを記述したりするように記述してみるべきだ。


こういった書き方をすると、観た人にはなるべく積極的で自身の意志がキッチリとあり、目標もキッチリとあり、ガッツリした人と云う印象が所有されるとおもう。


自己PRがキッチリと出きてこそ相手にそれを伝達する事が出きるとおもう。

採用担当は自身達の会社の役に立つ人間かどうかを決断するとおもうので、自身と会社との関係性をキッチリと把握でき、履歴書に文章として記述する事が尊重されるとおもう。


キッチリと文章の組み立てを考慮して記述するようにすべきだ。






# by 6j16yc9d3m01 | 2020-07-03 20:04 | 日記